マリッジリング

マリッジリングとは

マリッジリング(結婚指輪)とは、結婚した“夫婦ふたりが一つになる象徴”として男性と女性が一つずつはめる指輪のことです。薬指には「聖なる誓い」という意味があり、継ぎ目のない「輪」は永遠不滅の愛を象徴しており、マリッジリングには「誠実・貞節」の意味があると言われています。
ENUOVE - terra

マリッジリング(結婚指輪)は、古代ローマ時代より途切れることのない「輪」が「永遠」を意味することから、男女が結婚の証として円形のリングを交換するようになったといわれています。 また、ローマ時代のマリッジリング(結婚指輪)の素材は鉄だったみたいですが、ローマ時代後期には金へと変わっていったとされています。

結婚指輪の交換が結婚式の儀式として定着し始めたのは11世紀頃と言われており、現代にまで欠かせない大切な儀式として執り行われております。

マリッジリングのデザイン

結婚指輪の基本デザイン

一生身に着けるマリッジリング。
毎日つけるものだけに、飽きのこないオーソドックスな形がおすすめです。
おふたりが納得できるデザインを見つけてください。
Galopine & Galopin - ENSOLEILLE
ストレートライン
Cafe ring- ceremony
ストレートデザインのリングで、飽きのこないもっとも一般的なラインです。リングの太さで印象が変わってきます。
S字ウェーブ
ENUOVE- breeze
アームラインがS字型のリングです。カーブの具合によって、さまざまな表情が見見られるリングです。指を細く見せる効果があります。
V字リング
Dessert - crepe
アームラインが手の甲に向かってV字形をしたデザインのリングです。縦のラインを強調するため指を長く見せてくれる効果もあり、エレガントな印象をもたせます。

結婚指輪の素材

マリッジリング(結婚指輪)の購入時に、気になるのが使われている素材です。
代表的な素材に、プラチナ・イエローゴールド・ホワイトゴールド・ピンクゴールド・プラチナとゴールドのコンビなどがあげられます。その中でも多くの方に選ばれるのがプラチナです。
プラチナ
プラチナ
プラチナは白金と呼ばれ、渋みがあり高級感のある白い色をしており結婚指輪に一番多く選ばれています。
ゴールド
ゴールド
欧米で圧倒的なシェアを誇っており、在感のあるゴールドは素材からも豪華な光を放ちます。品のある落ち着いた印象を与えてくれるので、高級感や重厚感を出したい人におすすめ。
その他ゴールド
その他ゴールド
ブライダルで人気の高いホワイトゴールドや、女性らしくフェミニンな雰囲気のピンクゴールドなどがあり肌なじみがよく加工しやすい人気のある素材です。
コンビ
コンビ
プラチナ×ゴールド、マット&光沢のあるものなど異なる素材や質感で仕上げたデザインをコンビといいます。他のジュエリーとコーディネートがしやすいことが、選ばれる理由としてあげられます。

マリッジリング購入までのスケジュール

マリッジリングの購入時に注意しなくてはいけないのがスケジュールです。
マリッジリングは、婚約指輪に比べて加工が簡単で時間がかからなそうと思う方もおられます。
しかし、手の大きな男性はサイズに合う指輪が少ない場合もあり、内側の刻印とサイズ調整だけで約3週間かかる場合がございます。
購入時期については、結婚式直前になって慌てないように早めにスケジュールを立てましょう。
  1. マリッジリング
  • minoruでご購入の方にブライダル特典プレゼント
  • 箱パカ男子必見!minoruのプロポーズ大作戦
  • minoru提携式場などのご紹介
  • NIWAKA 婚約指輪えらびのためのダイアモンドムービー
  • Zexy.net、関西ゼクシィに掲載中!
  • Zexy.net(ゼクシィ.net)の口コミ投稿を見る
  • ミノルブライダル(株式会社ルミエール)求人情報
  • 株式会社ミノル 総合サイト
  • 株式会社ミノル ひらかた時計宝石修理研究所